国際福祉事業部

International Welfare Division

趣旨

 アジア健康構想推進室は、官民連携で実施される外国人技能実習生の受け入れを行い、職員のキャリアアップと施設の研鑽を図ることを目的に開設した。
 ついては、実習生と現場職員の双方が知識と技術面の向上を目指し、実習生が日本での介護に関する学習、研修、就労の経験をキャリア形成の柱として、日本とアジア諸国の架け橋となる人材となることを最終目標である。
 外国人技能実習制度は、あくまでも関係諸国への技術移転により人材を還流させる目的を持つが、自国に帰国した場合、学んだ介護技術を活かせる施設等が不十分であることが課題となっている。
 当法人では、これらを充分理解した上で介護人材の還流のみならず海外への拠点設置を視野に自立支援介護サービス(日本式介護事業)を直接提供する介護産業への参画を睨み、この計画を事業化する事にした。

入居相談・施設見学については随時受付けております。お気軽にご相談下さい。

メールの場合

お問い合わせフォーム

お電話の場合

011-391-2100