国際福祉事業部

International Welfare Division

はじめに

 北叡会では、外国人技能実習制度の改正を機に、介護人材(実習生)の受け入れについて前向きに取り組み、今後の国際交流の柱として事業化できるか実践を通して検証していく。
 ついては、アジアの中でも親日国であり、且つ内閣官房を中心に官民連携で進めているアジア健康構想の下、自立支援介護を学ぶことを目標に挙げているベトナムからの実習生受け入れを決定した。

 2017年12月には、法人職員2名が渡越し、現地面接を実施し、2018年度には、介護留学生として、ベトナムより2名の受け入れを決定した。
 なお、実習生の受入れで誤ってはいけないのは、単に人材確保の手段としての取り組みでないことは勿論、その第一歩は、実習生の出身国の発展を担う「人づくり」に協力することが目的である。実習生は、日本の介護の知識技術を学ぶとした目的はあるものの、複数年に渡る実習期間において日本文化に触れ、異文化の中で生活するという前提がある。
 これらの事に対し、受け入れ側である北叡会としては、専属の担当部署として国際福祉事業部「アジア健康構想(自立支援介護普及)推進室」を開設した。

 また組織としては、全ての職員が技能実習生受入れ目的を理解し、実習生に大きな混乱や迷いが生じないよう職場環境はもとより、人的環境(含むメンタル)の整備に協力して当たることを方針とする。

入居相談・施設見学については随時受付けております。お気軽にご相談下さい。

メールの場合

お問い合わせフォーム

お電話の場合

011-391-2100