北叡会の理念 | 社会福祉法人 北叡会

北叡会の理念

理事長ご挨拶

2020年の今年、社会福祉法人北叡会は法人認可設立後10年目を迎えます。
法人設立時、長く社会福祉法人の理事長を務める先輩から伺ったお話を最近よく思い出します。
それは、「社会福祉法人であれ株式会社であれ、法人によって事業を運営するということは、運営する事業に対し法人組織は人格を持つことを忘れてはいけない。という内容でした。
この10年、社会福祉法人北叡会はどのような人格を持って事業運営をしてきたのか。
社会貢献を第一の任務とする以上、高い見識と理念を持って、運営する事業それぞれが運営目的を達成するための正しい方向性を職員に示す。愛情深くその歩みを見守り、励まし、苦労や辛苦を共にして、大切な人材を知識、・技術・精神それぞれの面で支えながら育成し、人財にするための弛まぬ努力を続ける。そのような人格を発揮できてきたか…ということです。
残念ながらこの10年は、計画に沿った複数の事業整備を毎年のように進めることが優先し、丁寧にこれを発揮し浸透することができたとは言い切れない現実に反省点も多くあります。
また同時に法人も事業も成長し続ける人間と同じであると改めて気づかされてもいます。
一方人材の確保をはじめとして、福祉、介護の業界は様々な困難に直面しています。何があろうと利用者様やご家族はもとより、職員のためにも法人及び事業を維持継続し、内容の向上を目指し続けて、社会貢献の目的を遂行し続けなければなりません。
そこで、10年目を機に改めて継続可能な事業運営を実現することを目的として、法人並びに事業の見直しと改善を徹底することを決断しました。昨年の中盤より職員たちの抱える悩みや課題をあらゆる場面で聞き取り、その対応策についての意見収集と意識調査をしながら、組織改革と諸規程の見直し、業務改善への取り組みに着手しています。
このことを通して改めて組織チームの現状を知る中で、職員の高い意識と責任感、懸命な努力のもとに従来も一定レベル以上の質を保ちながら、事業の運営継続がなされてきたことを再確認することができました。
現在30項目以上の改善案が現場職員から提起され、残る4項目を残してすべてに着手しています。
今年中にはそれぞれの取り組みを軌道に乗せ、または実行することで見えて来る新たな課題に対して軌道修正をかけて、現場職員の思いと創意工夫が生かされる、新たな組織形成と事業運営を実現したいと、決意を新たにしています。
10年目を一つのターニングポイントとしてこの10年の実績に慢心することなく、素晴らしい人格を持つ社会福祉法人を目指して、職員と共により一層の成長を遂げる所存です。

社会福祉法人 北叡会
理事長

北叡会のこころ

社会福祉法人北叡会のこころは、

ギリシャ哲学の中にある

ノーシス「叡智」「直感的認識」という言葉にあります。

即ち、調和と自己実現のための知識を指します。

人間が持つ豊かな感性は、人との関わりを得て知識を知恵にし、

知恵が理念に触れ意思のチカラを持つことにより

深い意義をたたえる「叡智」へと育まれます。

社会福祉法人北叡会は

そこに働く職員の豊かな感性と、

その職員たちが紡いでいく様々な出逢いを通して

楽しく学びあう機会を大切にします。

また、高い技術や知識はもとより、叡智を結集して

「どのような社会や環境にあっても心豊かに幸せに生ききること」

を支え続ける存在でありたいという

願いが込められております。

法人理念

ノーシス 「叡智(感性・創造力・知恵)・調和と自己実現」

法人理念に関するkeywordは、MVP、即ち、夢を追うエネルギー「法人理念に謳う調和と自己実現」の真理は、Missionにあります。

Mission

自らがchallengeすべき夢や目標。

Vision

Missionに至る具体的道筋。

Passion

夢や目標に向かって燃やす情熱。

経営方針

  • 1.法人各事業に定めている目的の達成。

  • 2.法人は、社会的使命に基づき求められる事業の積極的な推進を図る。

  • 3.地域拠点の福祉施設としての自覚に裏付けされたサービス機能の充実。

  • 4.法人の資産および財務の処理は、適正で公正に管理する。

  • 5.福祉を実践する職員および地域人材の育成。

行動指針

  • 1.法人に帰属する職員として、固有の専門性を持ち、一人一人が、その専門性を最大限に活かし高めることで、サービスの質の確保と向上に貢献するように努める。

  • 2.身体機能に応じた良質で思いやりのあるサービスの提供に努める。

  • 3.利用者様主体の個別ケアを通して自発的自己実現への支援に努める。

  • 4.尊厳と自己決定の尊重。

  • 5.生きがいのある機会を積極的に提供。

  • 6.生活環境の向上(施設感を和らげるための環境づくりと、利用者様を尊重した明るく清潔で健全な施設の環境保全)を図る。

  • 7.チームワークに裏付けされた公正で適切なサービスの提供に努める。

  • 8.緊急および災害に備えた危機管理を徹底し、安全な環境の提供に努める。

  • 9.社会参加と地域社会への貢献を図る。

北叡会本部アクセス

〒067-0065
北海道江別市ゆめみ野東町1番地5
電話 / 011-391-2100
FAX / 011-381-8100

法人概要

法人名

社会福祉法人北叡会

法人本部住所

〒067-0065 北海道江別市ゆめみ野東町1番地5

電話番号

011-391-2100

FAX番号

011-381-8100

代表者

理事長 天野 一城

設立年月日

平成22年 8月 6日 法人認可
平成22年 8月 9日 設立登記

法人事業

夢あかり事業部

・介護老人福祉施設 夢あかり
・短期入所生活介護 夢あかり
・デイサービスセンター 夢美はな
・地域密着型介護老人福祉施設 夢つむぎ
・北叡会相談支援センター
・地域活動センター 笑美つむぎ
・グループホームひまわりの郷

国際福祉事業部

・アジア健康構想推進室

あるての杜・てるす事業部

・住宅型有料老人ホームあるて
・おおあさ東町デイサービスセンター風の音色
・身障デイサービスセンターてるす
・就労継続支援A型ジョブクルー
・就労継続支援B型ジョブクルー
・グループホームはなきりん
・相談支援事業部テルス
・ドルチェ&ベーカリーカフェ アマム

夢結路事業部

・サービス付高齢者向け住宅 シャルール夢結路
・身体障がい者向け住宅 シャルール夢結路
・住宅型有料老人ホーム 夢結路
・小規模多機能型居宅介護事業所 結の華
・ヘルパーステーション 結の謌
・ケアプランセンター 結の音

職員数

【職員総数】300 名
・夢あかり   139 名
・あるての杜   57 名
・てるす     56 名
・夢結路     48 名
令和元年7月1日現在

業務内容

1.第一種社会福祉事業
(イ)特別養護老人ホームの経営

2.第二種社会福祉事業
(イ) 老人デイサービス事業の経営
(ロ) 老人短期入所事業の経営
(ハ) 認知症対応型老人共同生活援助事業の経営
(ニ) 障害福祉サービス事業の経営
(ホ) 老人居宅介護等事業の経営
(ヘ) 小規模多機能型居宅介護事業の経営
(ト) 相談支援事業の経営

役員

理事 天野 一城
理事 吉谷 敬
理事 赤塚 俊治
理事 天野 佐智子
理事 粕谷 美佳
理事 石井 文将

評議員

(敬称略)
種﨑 健
小山 功
川森 勝衛
村山 文彦
武藤 洋一
戸澤 寿雅
後藤 洋之

法人沿革

平成22年8月6日

法人認可

平成22年8月9日

設立登記

平成23年4月1日

「江別地域複合型ライフケアセンター夢あかり」
「短期入所生活介護華あかり」
「デイサービスセンター夢美はな」開設
(夢あかり)

平成24年4月1日

「デイサービスセンター夢美はな」の定員10名から20名変更
(夢あかり)

平成24年6月1日

特定非営利活動法人あるての杜より全事業移管

平成26年10月1日

「おおあさ東町デイサービス風の音色」の定員10名から14名へ変更
(あるての杜)

平成27年2月1日

「相談支援事業所あるて(特定)」開設
(あるての杜)

平成27年3月30日

「小規模多機能型居宅介護事業所結の華」開設
(夢結路)

平成27年4月1日

「デイサービスセンター夢美はな」の定員20名から24名へ変更
(夢あかり) 「サービス付き高齢者向け住宅シャルール夢結路」、「ヘルパーステーション 結の謌」開設(夢結路) 「就労継続支援A型事業所ジョブクルーあるて」開設
デイサービスセンターあるて」の定員20名から定員24名へ変更
(あるての杜)

平成28年4月1日

「障がい者向けグループホームはなきりん」開設
「おおあさ東町デイサービス風の音色」を「デイサービスセンターあるて」のサテライト事業所へ変更(あるての杜)

平成29年3月30日

「江別地域複合型ライフケアセンター夢つむぎ」開設

平成29年4月1日

「住宅型有料老人ホーム夢結路」開設
「障がい者向け住宅シャルール夢結路」増築

平成29年6月1日

「ケアプランセンター結の音」開設

平成29年7月1日

小規模多機能型居宅介護事業所結の華 登録定員25名から29名へ変更(夢結路)

平成29年11月1日

国際福祉事業部 アジア健康構想推進室 開設

平成30年4月1日

共用型認知症対応デイサービスあるて(定員3名) 開設(あるて:GHあるて きらら館) サテライトデイサービス風の音色を単独型の地域密着型デイサービス風の音色へ変更(あるて) 就労継続支援B型アトリエテルスを業務委託(てるす)
多機能型就労支援事業所開設準備室(てるす)
ヘルパーステーション結の謌事業所移転(夢結路)

平成30年5月1日

あるての杜事業部 福祉事業部を てるす事業部 として組織変更(以下、名称変更) 身体障がい者デイサービスあるて → 身体障がい者デイサービスてるす
就労継続支援A型ジョブクルーあるて → 就労継続支援A型ジョブクルーてるす
相談支援事業所あるて → 相談支援事業所てるす

平成30年10月1日

就労継続支援B型アトリエテルス・就労移行支援アトリエテルスを特定非営利活動法人 プラネットより事業移管 → 就労継続支援B型ジョブクルーへ名称変更
多機能型就労支援事業所開設

平成30年10月11日~16日

国際福祉事業部アジア健康構想推進室 カンボジア プノンペン訪問
多機能型就労支援事業所開設

平成30年11月4日

ゆめみ野こむぎ工房 ドルチェ&ベーカリーカフェ『アマム』開店

平成31年4月14日~19日

国際福祉事業部アジア健康構想推進室
ベトナム ハノイ 技能実習生入国前講習実施

令和2年2月1日

あるての杜事業部 事業変更
グループホームあるて → 住宅型有料老人ホームあるて(定員18名)